【マレーシア】世界最強!?マレーシア陸軍特殊部隊GKKの入隊試験がヤバい!

マレーシアが誇る超人集団“GKKマレーシア陸軍特殊部隊)”をご存知でしょうか?

『究極のジャングル戦闘員』として世界から注目されている最強の特殊部隊で、ジャングルでの戦いにおいて彼らの右に出る者は存在しません。

 

そんな特殊部隊の入隊試験は、世界でも類を見ないほど過酷だといわれています。

 

そこで今回は、マレーシア陸軍特殊部隊の超過酷な入隊試験を紹介します。

[ad#jun]

GKKってどんな部隊?

GKK(マレーシア陸軍特殊部隊)の始まりは、1965年、インドネシアとマレーシアとの間で起きた“コンフロンタシ”だといわれています。

 

“コンフロンタシ”とは、インドネシアの対マレーシア強硬政策のことです。

当時、元イギリス植民地だったブルネイやシンガポール、サバ、サラワクが集まって共同体をつくろうとした“大マレーシア構想”に反対したインドネシア・スカルノ大統領が、マレーシア国境地帯に軍隊を送り込み、戦争状態に陥りました。

 

GKKの創設には、旧宗主国だった英国軍の影響を強く受けており、中でも陸軍特特殊空挺部隊と王室海兵隊第40コマンドを参考にしたといわれています。
その後、GKKは1968年の第二次マレーシア危機の際に行われたジャングル戦で大活躍し、一躍世界から注目されるようになりました。

Grup Gerak Khas

 

GKKの部隊構成!

現在、GKKは3つの部隊から構成されています。

 

第21・22GKK

連隊の調整・統合を図り、その作戦指揮を行う部隊。

 

いわば司令塔のような感じでしょうか。

 

 

第11GKK

対テロ・非正規戦での直接行動や破壊工作、人質救出などを行う部隊。

また、特殊偵察などを行います。

 

GKKの実行部隊といったところです。

 

 

彼らはとりわけ、ジャングル戦に優れており、ジャングルでの戦いにおいて、GKKの右に出るものはいないとさえいわれています。

GKKの総数は約1800人で、特殊訓練センター“PULPAK”を通過した精鋭中の精鋭が集います。

 

 

超過酷な入隊試験!

GKKを目指す志望者たちは、3ヶ月にも及ぶ超過酷な選考訓練を通過する必要があります。

選考はPULPAKと呼ばれる特殊訓練センターで行われ、5つの訓練を通して、数多くの志願者の中から一握りの精鋭を選別します。

[ad#jun]

驚きの5つの訓練!

GKKに属する全てのメンバーは、英国陸軍特殊部隊(SAS)、アメリカ陸軍特殊部隊(1st Special Forces Group)、アメリカ海兵隊武装偵察部隊(United States Marine Corps Force Reconnaissance)と共に訓練を受けます。

そして、5つすべての訓練に合格することが求められるのです。

 

キャンプ訓練

5週間に渡って行われる訓練で、個人の肉体と精神をテストします。

この時に、武器の取り扱いや治療技術、地図の読み方など、基本的な知識を勉強します。

 

また、戦闘携帯品を持ちながらの長距離移動も課せられ、多くの訓練員はこの段階で脱落します。

 

 

ジャングル訓練

2週間に渡って行われるジャングル訓練では、入隊後に必要なサバイバルスキル、フィールドスキル、パトローリングの方法を学びます。

 

 

長距離移動&湿地訓練

この訓練では、17kgの装備を持ちながら160kmの長距離移動が課せられます。

そして、見事完歩した者には、着る物なし(下着のみ)、食事供給なしの状態で7日間、湿地地帯で生活することができる嬉しい権利が与えられます。

ここで訓練員は、“生き抜く力”を訓練します。

 

この段階で死者が出そうな気もしますが・・・

 

 

海上訓練

ジャングル・湿地ときたら、次は海!

海上訓練は2週間に渡って行われ、カヤックやスキューバダイビング、船の操り方を覚えます。

 

ちなみにカヤックで160kmの航海もついてくる、まさに地獄の訓練です!

Grup Gerak Khas2

 

避難&回避訓練

すべての訓練員はグループに分けられ、ミッションが課せられます。

途中、“敵”に見つかり捕まった場合、恐ろしい拷問と虐待が待っています。

その後、解放され、最終チェックポイントまで、敵の恐怖におびえながら旅を続けます。

[ad#jun]

・・・想像以上の過酷さです。

ジャングル訓練以降は、まさに地獄・・・

 

 

こちらの記事がオススメです!!

秘境が大好きな僕が旅で重宝してる旅グッズ○選

絶対に失敗しないとしたらあなたは何をしたいですか?

インドに来て”不浄の左手”を速攻でマスターしました笑

アメリカ横断の実録:旅の詳細

 

ちなみに僕はマレーシアで育ちました。普段はこんな側面を知ることはないと思いますが”こんなことをしている国”ということを知っているとまたマレーシアのことを好きになれるきっかけに慣れると思います。

マレーシアへ行ったことない方は是非行ってみてくださいね!おススメの観光ルートを紹介します!!

 


Amazonで確認

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。