SEOを知りたいあなたへ。最高にわかりやすくSEO内部対策を教えます!

SEOを知りたいあなたへ。最高にわかりやすくSEO内部対策を教えます!

 

はじめに

こんにちは!!!大学生ながら会社の利益が億を超えている会社でSEO対策を学び、実践していた”ふかの(@loveqpmayo)です。

 

全くのWeb知識素人ながら社長に”お前、運用してくれや”と言われ、引き受けた時から図書館にこもりSEO関連の本を片っ端から読破し、それを実践して、会社のページを検索1位に引っ張り上げ、方法をマニュアル化したところで”就活”のため仕事を辞めてきました。

個人や企業がSEO対策をする理由はやはり”稼ぎたい”という思いがあると思います。

しかし”稼ぎたい”という思いとは裏腹になかなか伸びないPV数….そしてブログを始める人がまずぶちあたるのが”訳のわからない横文字の数々”だと思います。その中でも特にPV数を稼ぐために必要な”SEOの内部対策”をお伝えしていきたいと思います。

SEO関連の本を10冊程度読みながらそれを実践し、わかりやすいようにマニュアルにしたのできっとわかりやすいと思います。

だいぶ長いです!ただここに書いてあることを抑えれば内部対策は完璧です。SEOの知識を身につけることは、検索エンジンからクロールされやすく、インデックスされやすいサイトを構築できることはもちろん、ユーザビリティの高いWEBサイトとはどういったものかということを学ぶことができます。

つまりこの”基礎”を抑えれば必ずPVは上がります。

じっくり焦らず行きましょう!!

 

SEOとは??

SEOとは、サーチエンジン最適化(Search Engine Optimisation)の頭文字です。検索サイトにおいて、自分のウェブサイトが希望のキーワードで検索された際に、検索結果の上位に表示されるように、ウェブサイトの構成や個々のページの内容等を調整することです。

上位表示されるためにはSEOの対策を内部と外部から行います。

ここでは内部対策として重要なポイントを説明していきます。(外部対策はちょっと待ってね)

 

ドメインネームを考える

ホームページのアドレスに使われているのが”ドメイン名”というやつです。
いわゆるネット上に存在する”住所”です。この住所はしっかりと選定して決めることで内部SEO対策に効果があります。

 

検索エンジン(Google,Yahoo,Safariなど)は、ドメイン名の文字を認識し、検索ランキングの評価にしています。

なので、新規ドメイン取得時には、ターゲットキーワードを含むドメイン名を必ず取得するようにしましょう。

例えば僕の運営しているサイトで”社会人の彼氏に贈るプレゼント”というサイトがあります。

このサイトでキーワードが例えばプレゼントで、上位表示を狙う場合以下のようになります。

  • present.com
  • present.net

このようなドメインを取得することで上位表示を狙うことができます。

しかし一語のキーワードはほぼ取得されていることが多いのが現状です。

そこで取得できそうな少しひねったドメイン名を考えていくことがベストな道です。

ここで重要なポイントが長いドメイン名にしないことです。

  • happy-present.com
  • present-matome.net

そしてドメインの理想はURLを見た時にWEBサイトの内容を推察できるものです。

そこでオススメは日本語ドメインです。

日本語ドメイン例

  • 彼氏に贈るプレゼント.com
  • 一押しプレゼント.net

日本語ドメインの唯一の厄介な点は例えばSNSで拡散しようとした時にその通りのドメイン名で表示されない点です。

例えばツイッターで記事を拡散しようとした場合に、本来は”彼氏に贈るプレゼント.com”なのに対して実際には”http://xn--2ckya6byeqb03.com“のような意図したものとは違う形で表示されてしまいます。SNSを利用してブログを拡散していこうとする場合に一見”スパム”のように捉えられ拡散しても思ったようにクリック率やPV数が伸びずに効果がないことになってしまいます。

メリットもデメリットも日本語ドメインには存在しますがSNSでブログを展開していこうとする場合には日本語ドメインはやめた方がいいと言えます。

ドメインについての情報を簡単にまとめます。

 

  • ターゲットキーワードを入れる。
  • 日本語ドメインも有効。
  • 大文字は使わない。
  • サイト内容が分かるものにする。

ドメインを取得する場合は僕はいつも”お名前.com”を利用しています。

もっともドメイン取得がしやすいサイトだと思うので是非ドメインを取得する場合には使用してみてください。

ページ表示速度を気にする

このページ表示速度を気にしているサイトは数少ないと思います。月間PV数が万を超えてきたら気にしてみてください。

WEBページの読み込み(表示)速度は、検索ランキングに影響を及ぼします。これはGoogleアナリティクス分析項目に「サイトの速度」があることから、Googleがページ表示速度を重要視していることが伺えるためSEO内部対策でも重要とするポイントです。

ページ表示速度を上げる対策

ページの表示速度を上げようにも何をしていいのかわからない方が多いと思います。

まずはじめに安定したレスポンスを誇るレンタルサーバーを使うことです。

ブログの元となるレンタルサーバーが貧弱だとその上をどんなに飾り付けても所詮基礎がなっていないのでページ速度は上がりません。

スクリーンショット 2016-02-19 22.46.53

 

すっぴんが美人な人が化粧をしたら無敵ですよね。化粧でごまかすことが確かにある程度はできますが、それがいつか崩壊することも目に見えていると思います。選ぶ権利があるのならどうせなら元から綺麗な美人であるレンタルサーバーを使いましょう。

安定したレスポンスを誇るレンタルサーバーはエックスサーバー、ヘテムル、シックスコアがお薦めです。

この3つの違いは特に気にすることがないので会社の名前がかっこいい、値段など各個人の譲れぬポイントで選ぶといいと思います。僕は強そうなエックスサーバーを利用させてもらっています。2年ほど使用していますが問題は何ひとつ起こっていません。



ページ速度表示をあげる方法は大元であるレンタルサーバーを改善すると同時にモバイルユーザーを意識し、不要な画像、動画は極力控えることが有効です。

つまり文字で説明できることは文字で行う、そして画像を使用する場合は縮小して使い、「width」「height」属性を利用して正しい数値を設定しましょう。

ただしサイトにあるたかだか100枚前後の写真でびくつくことはありません。塵も積もれば山となる、ということなので表示速度が遅いな…と思ったら見直してみましょう。それまでは記事を書き続けることをお勧めしています。

またプラグイン等を利用して画像ファイルを圧縮するなどプラグインを乱舞するのも効果がありますが乱舞しすぎてプラグインのせいでサイトのレスポンスが悪くなることがありますので気をつけて下さい。

サイトの表示速度を知るにはPageSpeed Insightsを使えば、WEBサイトのページ毎の表示スピードを確認できるので是非使用したことのない人は使ってみてください。

ブログ自体のボリュームが少なければもちろん表示速度は速くなりますがSEOはそれだけが重視されているわけではないので複合的にSEO対策を施していきましょう。

ブログのテーマは1つに絞る

WEBサイトを作る際に、大前提として気をつけなければならないことがあります。それは1テーマ1サイトという概念です。

PV数を集めるにあたってこのブログのように雑多にジャンルを扱うブログは始めのスタートダッシュがよくありません。

その点に比べ1テーマで作成したサイトはすぐに反応があります。例えば

「旅人」をテーマにしたWEBサイトを作ったら、サイト内の全ページで、「旅人」というキーワードを意識して記事を書くということで検索上位に食い込む確率が上がっていくのです。雑多な個人ブログでPV数を稼げるのは運用が上手い人、カリスマ性がある、ブログに本気…な人たちです。

Googleは、WEBサイトの全ページのキーワード量を分析し、何をテーマ(キーワード)とするWEBサイトであるか判断しています。

この判断に引っかかるようにサイトのテーマを考えるべきです。

ちなみにこのサイトのテーマを知るにはGoogleのウェブマスターツールの「コンテンツ キーワード」で確認できます。

 

簡単に例を出すと下層ページで「旅人」以外の情報を発信すると、テーマ不一致をおこし、トップページひいては全ぺージのSEOにデメリットをもたらしかねません。

逆に、サイト全体でテーマが統一することで、サイト内の全ページが、相互にテーマ(キーワード)に対する評価をあげることができます。

なのでPV数を個人ブログで稼ぎたい場合、最初は一つのテーマに絞って書いて、その後テーマの領域を広げていくことがSEO内部対策の鍵になります。

 

どんなサイトでも最初は”テーマ”を掲げ、その後広げていくことが望まれます。最初から様々なジャンルのブログを展開していると全く上位表示されてきません。

 

ユーザーに便利なWEBサイトは検索エンジンにも評価を得やすいので受け手が求めそうな情報と自身の経験を重ね合わせて情報を発信していくことが大事です。

スマホ最適化は当たり前

僕のサイトではスマホを使ってブログに訪れる人が多いです。そのためにPC規格のサイト設計でなくモバイル端末を意識した”レスポンシブ”であることが求められています。

今後も増え続けるスマホユーザーに対してWebサイトをスマホに最適かしていくことでユーザーがサイトに滞在する時間が長くなり、価値あるサイトだとGoogleに認めてもらえるようになります。

 

タイトル設定がSEOの要

SEO対策において最も大切な要素の一つに”タイトル”があることは間違いないです。

タイトルのつけ方について詳しく説明をしていきます。

ターゲットキーワードを含める

検索エンジンは、検索キーワードに関連しているサイトを表示するので、タイトルには、必ずターゲットキーワードを入れます。

Googleは、titleタグに含まれるキーワードを、検索ランキングの評価項目として重視してるので、ターゲットキーワードをtitleタグに含めることは最善のSEOです。

またターゲットキーワードは出来るだけタイトル文の左側に持ってくるとSEOに効果的と噂されています。

例.

サイトのターゲットキーワード:バックパッカー,ライフハック,ご飯

タイトル:バックパッカー時代に助けられたライフハック飯5選

タイトル文字数

タイトルについては諸説ありますがMax全角32文字以内で作成してください。ただしこれはPVを稼ぎたい記事の場合です。

僕のようにそんなことを無視してタイトルをつけまくることでリピーターを増やす…ということもできます。

記事数によって遊び心をだしていくこともいいでしょう。

真面目に情報を伝えたい場合は28字〜32字を意識してタイトルをつけてください。

タイトル作成のポイント

  • 役立つ情報であることを伝える
  • お得情報があることを匂わす 〜5選 など具体的に数字があること
  • 記事の重要ポイントを伝える
  • 閲覧者の層を意識する
  • ターゲットキーワードを必ず入れる
  • ターゲットキーワードを3回以上使わない
  • 全角32文字以内で作成
  • 不要なワードは極力いれない
  • 単語の羅列はしない ex. ”可愛い 犬 洋服 販売
  • ソーシャルメディアを意識する 拡散したくなるようなタイトルをつける

以上を踏まえ、便利ツールを活用してタイトル文を作っていきましょう。

meta keywordsの設定

meta keywordsとはHTML文書に加えるメタ情報の1つで、ロボット型検索エンジンにキーワードを伝える役割があります。 スパムや過度のSEOとして乱用されたため、今日では直接的なSEO効果は極めて低い(Googleはメタキーワードを検索ランキング評価にしてません)。 ただし、適切に記述する事で、サイト内容とキーワードの関連性を伝えられるので、記述することが推奨されます。コンマを使って複数のキーワードを入れられるが、1~5キーワード以内が理想的とされます。

よくわかりませんよね。要するにページを代表するキーワードはこれです!!と検索エンジンに提示することがmeta keywordsの設定になります。

サイトの検索順位を決めるロボットに”この記事はこれについて書いているねん”と自慢するようなものです。Googleでは評価されませんが検索エンジンはGoogleだけではありません。そのためのSEO内部対策になります。

 

h1~h6タグ設定をすることでSEO効果を高める

見出しタグ(heading tags)は、最重要である<h1>から見出しの重要度順に<h6>までのタグがあり、ユーザーにページの構成を示すことができます。

このh1タグには強いSEO効果があります。

<h1>で、ページタイトルを設定し、<h2>~<h6>タグで中見出し、小見出しを適切に作成して、文章構造を検索エンジンとユーザーに伝えましょう。

使用例

<h1>イノシシを確実に仕留める5つの方法</h1>
文章
<h2>どのような武器があるのか</h2>
文章
<h3>素人にオススメの武器</h3>
文章
<h4>実践してみて</h4>
文章

<h2>狩ったイノシシのその後</h2>

…..

見出しタグ使用ポイントまとめ

  • <h1>の使用は1回に抑える。
  • hタグは20文字を上限とする文にする。
  • 重要な見出しタグの順番で使用する。
  • 突然<h6>などを使わずに段階的に使用する。

1記事あたりのページ文字数

 

文字数が多い=素晴らしいサイトというわけではありません。文字数が多ければ多いほどSEO的に優れるのであれば永遠と”aaaaaaaaa”と打っていればいいのでしょうか?内部対策の大切な要素として知っておいて欲しいことに”名詞”を増やして文章を構築することが挙げられます。Googleクロウラーというロボットが各サイトを訪れますがその際の判断基準に”名詞”の数があると睨まれています。それは膨大な情報を短い時間で判断する場合に一番手っ取り早いのがそのページにある名詞の数だから…という説が有力です。確かに少ない文量で上位に来ているページはどちらかといえばトレンドネタやニッチなワードです。それに対して検索者数が膨大なワードの上位にあるのは全て文字数が10000字を超えるような努力の結晶のようなページです。

なのでブログを書く際に大体1000文字以上あればいい..など言っていますがニッチな話題をさらいたければ文字数は300でも上位に上がるので月間検索ボリュームが多いキーワードを攻める場合は名詞をふんだんに使って文字数を増やすこと、月間検索ボリュームが少ない場合であれば適当にしていても検索上位です。

 

更新通知とは??

更新通知を行うと、新しい記事へのクロウラー巡回スピードを高め、早期のインデックスを促すことができます。

インデックスされるというのは”俺記事かいたで”ってことを知らせる機能です。これがなければ記事をいくら書いても”沈没”したままです。

記事を素早く認識、インデックスしてもらうことはSEOの基本です。更新通知を行うには、主に二つの方法があります。

「ping送信」と「サイトマップ送信」です。

ping送信

「ping送信」は、WordPress管理画面にてping送信先を設定するだけで記事の更新時に自動的に送信されるようになります。

サイトマップ送信

ほぼ全てのワードプレスユーザーが使用している「Google XML Sitemaps」を使えば、検索エンジンに見せるサイトマップを作成することができ、Googleウェブマスターツールから、作成したサイトマップ情報を送信することが出来ます。

「サイトマップ(xmlファイル)」送信をすると、クロウラー巡回スピードを高め、全ページのインデックスを促すことができます。

サイトマップ送信の方がプラグインを設定するだけで、なおかつ分かりやすいのでオススメです。

 

更新頻度を上げることでインデックスされる

更新頻度が高く、常に新鮮な情報を発信しているサイトは、クロウラーが頻繁に訪れてページをインデックスしてくれる可能性が高まります。

授業中に何度も手をあげる生徒を先生は答えるチャンスを与えてくれますよね??それを想像していただければ更新頻度が高ければ高いほどインデックスされる可能性が高まるというわけです。

 

 

 

パンクズリスト作成

テーマ一致しているページ同士のリンクは、SEO効果が高いです。

というのも1記事読み終わればまた次の記事へと、1人がPV数をぐんぐん伸ばしてくれます。

そのため、テーマ一致がされたWEBサイトのトップページは、全ページからリンクを受けやすいので、最も高いSEO効果を期待することができます。

サイト内リンクのアンカーテキストには、「トップ」や「こちら」のような誘導テキストではなく、リンク先のキーワードを用いたほうがSEO効果を期待できます。この記事を読み終わった人は例えば

例.

SEOの内部対策は済んだ??なら次は外部対策だ!

 

だったらまた読んでくれる可能性が高いわけです。

こういった食べこぼしのパンクズのようなものをサイトに散らばすことによってSEO効果はもちろんPVも増えるので積極的に活用しましょう。

リンク切れ

リンク切れは、検索エンジン、ユーザーの双方にデメリットがあります。

WordPressを利用しているならば、プラグイン「Broken Link Checker」を導入し、早期にリンク切れを発見して改善しましょう。

例えばYoutubeなどに上がっている動画をサイトに貼り付けた場合に多々、リンク切れが勃発していることがあります。記事のタイトルを見て動画を見ようと思ったのにリンク切れをしていて動画が見ることができない…..怒りしかこみ上げませんよね。

記事が100記事を超えた時点で一度プラグイン「Broken Link Checker」で調べてみてください。意外とリンクはキレまくっています。

 

滞在時間を気にかけること

滞在時間やページビューが検索ランキングの評価項目にされているといわれています。

滞在時間を増やす戦略は以下の通りです。

  • 1テーマ1サイト
  • 関連記事を増やす
  • 1・2クリック以内で全ページへアクセスできるサイト構造
  • 適切なナビゲーションを設定

1テーマ1サイトを実施し、記事毎の関連記事を増やすことは、ユーザーに興味がある情報が目につきやすくなるはずです。

 

 

先ほどのパンクズリストを効果的に散りばめることで直帰率を抑えることができます。

記事を書いている時に”このネタは関連して書けそうだな”と思ったらすぐにメモしていくようにしましょう。そうすれば必ずパンクズとしての役割が訪れます。それがすなわち滞在時間につながり検索で上位に表示されるようになるのです。

 

コピペをしただけのサイト作成

重複したコンテンツに関しては、Googleはアルゴリズムによって、明確にペナルティを与えるとしています。ペナルティは罪によって変わりますが稼ぎ頭のアドセンスの使用を止められるなどです。

コピペを絶対にしてはいけないわけではありませんが最低限、タイトルの丸パクリはやめておきましょう。

 

こんなもんで大体いいと思います。基本的には上記にあることをしっかりと押さえてやるだけで必ず結果は出ます。何事も継続は力なりです!ブログでマネタイズをしたいと思う方は負けない心を持って戦っていきましょう!

今回はSEOの主に内面の部分に焦点を当てました。次はSEOを拡散する、PV数を上げる上で大切な外部対策を説明していきます。個人ブロガーよりも企業向けになるかもしれませんがある程度個人ブロガーでも行えるような施策を説明できればなと思います!

 

ついでに僕が今回僕が説明するにあたってお世話になった幾つかの本を紹介します。このブログでは紹介できない細かい細かい部分を丁寧に説明してくれている2冊です。

SEOについてもっと詳しく学びたい!SEOコンサルタントとして独立したい、こんなブログじゃ意味わからんわボケェという方は是非読んでみてください。必ずあなたの力になります!
SEO対策 検索上位サイトの法則52

Amazonを覗いてみる

楽天を覗いてみる
効果がすぐ出るSEO事典

Amazonを覗いてみる

楽天を覗いてみる

またこういった本を無料で手に入れる方法として楽天のカードを手に入れてそのポイントで購入するという手があります。僕も楽天のカードを作って7000円分のポイントを使用して本を5冊買ってカードは放置しています。時給換算すると1時間で7000円みたいな感じなので作って損はなかったです。

楽天カードを持っていない方はじゃんじゃん作りましょう!!

おしまい。

 

 

ピックアップ記事

  1. 去年の誕生日は彼女と別れて大変だったから今年の誕生日はミャンマーに引きこもりに行…
  2. ラッパーと大麻の関係:なぜラッパーに大麻のイメージがあるのか
  3. 最短距離でなりたい自分になる方法。10代にしておきたい17のこと×20代は勉強に…
  4. プロフィール
  5. Tinder 日本人が出会いやすい国1位はやっぱりあの国!!

関連記事

  1. Editing

    旅の写真を動画に!!僕のオススメする動画編集機材!!

    動画編集をしたい人必見!! (さらに&hellip;)…

  2. Editing

    おススメ無料ブログ!サテライトサイト作成はどの無料ブログを使用するべきか??

    無料ブログで作るサテライトサイト。どの無料ブログを使用するべきか??…

  3. Affiliate

    副業の選択肢:Youtuberという選択

    本業+副業でガッツリ儲けよう!!お仕事お疲れ様です!新卒で…

  4. Affiliate

    メルカリ・ヤフオク・モバオク・フリル・バイマ・ラクマを比較してみた!

    ECサイト比較!メルカリ・ヤフオク・モバオク・フリル・バイマ・ラクマの…

  5. Editing

    【Speed Art】NBA Poster “Charles Barkley ̵…

    Photoshopで作成した『NBA Poster " Charles…

  6. Editing

    【Speed Art】NBA Poster “Kobe Bryant The most …

    Photoshopで作成した『NBA Poster "Kobe Bry…

  1. World Problem

    国の政策を一つ変えるということ 中国の人口問題を例にとって|一人っ子政策が廃止さ…
  2. Foreign

    【ポーランド】お土産にピッタリの名産品3選!
  3. Affiliate

    メルカリ・ヤフオク・モバオク・フリル・バイマ・ラクマを比較してみた!
  4. Daiary

    一般的な幸せを目指すだけが人生じゃない:幸せってなんだろう
  5. Daiary

    秘境が大好きな僕が旅で重宝してる旅グッズ○選
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。