【ベルギービール】Westmalle(ウェストマール)の特徴・味・種類・歴史!

何百種類ものビールがあると言われている世界的に有名なベルギービール。

今回は、ベルギーのフランデレン地域アントウェルペン州にあるWestmalle(ウェストマール)教会で作られるWestmalle(ウェストマール)を紹介します!

 

Westmalle(ウェストマール)

ベルギーのフランデレン地域アントウェルペン州ウェストマールにあるウェストマール修道院で醸造されるトラピストビールです。
院内で汲み上げた地下水と大麦麦芽、キャンディーシュガーで醸造されたウェストマールのビールは、輝くような綺麗な黄金色が特徴です。

中でもウェストマール・トリプルは、“トリプルの元祖”とも称され、人々に親しまれています。

 

 

種類

ウェストマール・ダブル (Westmalle Double)

アルコール度数7%

フルーティーな香りとコクのあるまろやかな舌触りを楽しむことが出来ます。

赤紫のような濃色も特徴なので、飲まれる方は是非グラスで色もお楽しみください!

 

 

ウェストマール・トリプル (Westmalle Triple)

アルコール度数9.5%

黄金色に輝く淡色金色とキメ細かな泡が特徴です。

フルーツのような香りと、サッパリした口当たりが楽しめます。

ウェストマール・トリプルを参考にして他の醸造所が金色のトリプルビールを作るようになったことから、“トリプルの元祖”とも呼ばれています。

 

 

ウェストマール・エクストラ (Westmalle EXTRA)

アルコール度数4.8%

トリプルよりも香りが抑えられ、強い苦味を楽しめます。
ラベルが無いのも特徴です。

一般には流通しておらず、修道院内か併設のカフェでしか飲むことが出来ません。

修道院の近くを訪れた際は是非チェックしてみてくださいね!

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。