【ベルギービール】CHIMAY(シメイ)の特徴・種類・歴史・味!

何百種類ものビールがあるといわれているベルギービール。

今回は、バルギーのエノー州シメイにあるスクールモン修道院で醸造されるトラピストビール、CHIMAY(シメイ)を紹介します。

 

CHIMAY(シメイ)

ベルギーのエノー州シメイにあるスクールモン修道院で醸造されるトラピストビールです。

シメイのビールとしては、ルージュ、トリプル、ブルー、ドレーの4種類がありますが、一般に流通しているのはドレー以外の3種類です。

 

トラピストビールの中でも一番最初に市販に出回ったのがシメイビールです。

日本で購入できる最もポピュラーなベルギービールでもあります。

 

種類

シメイ・ルージュ(La Chimay Rouge)

“レッド”とも呼ばれるシメイ・ルージュは、シメイの中で最も歴史が長く、他のシメイの元になったと言われています。

カシスのフルーティーな香りが特徴で、シメイの中では最も人気の種類です。

 

シメイ・トリプル(La Chimay Triple)

“ホワイト”と呼ばれるシメイ・トリプルは、他のビールの3〜4倍のポップを使用しているため、強いポップの香りと少し苦めのテイストになっています。
シメイ・ブルー(La Chimay Bleue)
“ブルー”と呼ばれるシメイ・ブルーは、数年に渡り熟成保存でき、味わいが変化します。

濃厚な麦の香りと、コクと苦みが特徴です。

 

シメイ・ドレー(Chimay Dorée)

“ブラック”と呼ばれるシメイ・ドレーは、スパイスを軽く加えた仕上がりになっており、サッパリとしたら味わいになっています。
シメイ・ドレーは、一般には流通しておらず、修道院内と近郊のカフェで限定提供されています。

近くを訪れた際は是非チェックしてみてくださいね!

 

シメイビールは他のベルギービールの銘柄と比べると、比較的手に入りやすいので、是非試してみてくださいね!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。