ドイツ語:3基本形・過去・現在完了

ドイツ語:3基本形・過去・現在完了

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-09-14-1-46-06

1.3基本形とは?

不定詞と過去形、そして過去分詞はあらゆる変化の基本となるから3基本形と呼ばれている。ただ過去形は人称に応じて語尾変化することから、正しくは過去基本形と呼ばれている。

過去形はgeを前につけて最後にtをつけるのが基本の形。

lernenで説明をすると

語幹のlernにteをつけてlernte、そして過去分詞はgeをつけてそのあとに語幹のlern、最後にtをつけてgelerntになる。

確認問題

Q:

不定詞 過去基本形 過去分詞
wohnen

 

A:

不定詞 過去基本形 過去分詞
whonen whonte gewhont

 

Q:

不定詞 過去基本形 過去分詞
arbeitete

A:

不定詞 過去基本形 過去分詞
arbeiten arbeitete gearbeitet

Q:

不定詞 過去基本形 過去分詞
besucht

A;

不定詞 過去基本形 過去分詞
besuchen besuchte besucht

besuchenのような非分離の前つづりのある動詞は過去分詞でgeをつけない

ドイツ語:不規則変化

不定詞 過去基本形 過去分詞
kommen kam gekommen

不規則変化の大きな特徴はgeに始まってenで終わる

不定詞 過去基本形 過去分詞
gehen ging gegangen
不定詞 過去基本形 過去分詞
stehen stand gestanden
不定詞 過去基本形 過去分詞
sein war gewesen
不定詞 過去基本形 過去分詞
haben hatte gehabt
不定詞 過去基本形 過去分詞
werden wurde geworden

2.過去人称変化

不定詞 lernen[規則変化] fahren[不規則変化] sein[不規則]
過去基本形 lernte fuhr war
ich lernte fuhr war
du lerntest fuhrst warst
er/es/sie learnte fuhr war
wir learnten fuhren waren
ihr lerntet fuhrt wart
sie lernten fuhren waren
Sie・敬称 lernten fuhren waren

過去人称はteをつけるのが基本変化。

 

確認問題

過去の文を作る

Q:Wir machen einen Ausflug

私たちはハイキングをする。

 

 

A:Wir machten einen Ausflug

Q:Er besucht seine Tante

彼は叔母を訪ねる

 

 

A:Er besuchte seine Tante

3.ドイツ語:現在完了

英語とは少し違っていて、ドイツ語では完了の助動詞としてhabenだけでなくseinも使い、さらに過去分詞を文末において枠構造を作ることが特徴

助動詞seinとhabenの使い分けは、ほとんどの動詞はhabenを助動詞に用いる、自動詞で次の3tuのグループのみseinを用いる、

1.場所の移動を表すもの

gehen:行く、kommen:くる、fahren:[乗り物で]行く

2.状態の変化を表すもの

werden:〜になる、einschlafen:眠り込む、sterben:死ぬ

3.その他

sein:〜である、bleiben:とどまる、begegnen:出会う

 

確認問題

Q:私はその映画[男:Film]を見ました

A:Ich habe den Film gesehen

Q:彼女は車で[mit den Auto]街に[in die Stadt]行っ[fahren]た

A:Sie ist mit den Auto indie Stadt gefahren

ドイツ語:単語

lernen:動詞:学ぶ

Film:名詞:男:映画

machen:動詞:する、作る

Auflug:名詞:男:遠足

Tante:名詞:女:叔母

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。