学生のうちにインドに旅した方がいい理由:インドに2カ月住んでみて

20代のうちに行くべき自分を変えるインドの旅!!

インド”って聞くとどんなイメージが思い浮かびますか?

imgres

 

僕がインド渡航前に抱いていたインドに対する印象は、”汚い、臭い、カレー”でした。たぶん大多数の日本人が似たようなイメージをもっているんじゃないかなって思います。特にステレオタイプな僕の両親は”なぜ自らあんな国にいくのか??”と僕を常に引き留めてくれていました。笑

帰国してインドのイメージをもう一度考えてみると”住みやすい、絶景、カレー”が出てきます。インドのイメージでカレーだけは当たっていましたがその他のイメージはまったくもって外れていました。僕もインドに2カ月弱滞在してこんなにも好きになるとは思わなかったです。

インドに行ってみたいけど治安の悪さや勇気がでなくて一歩が踏み出せない人たちにむけて、両親からの首輪を引きちぎり続けている先輩として何か伝えることができればと思っています。

13680845_881742385281768_1659700018572946586_n

まずはじめにインドに行きたいけど治安が不安という方にむけて、治安の面から伝えていくとインドの治安[都市部]は悪いとは感じません。同じように都市部で比較するならばアメリカのロサンゼルスの方が確実に治安が悪いです。インドで深夜飲みすぎて吐きながら3時間ぐらい歩いていましたが絡んできたのは弱そうなホームレスぐらいでした。ロサンゼルスはこっちが酔ってもないのにアジア人ということでか深夜めっちゃ絡まれて怖かったのを覚えています。

ひと口に”インドの治安がいい”といえどインドってバカでかいです。日本の約8,7倍の面積ですから東西南北と土地によって風土が全く違いました。ただインドの都市部の治安はアメリカの都市部よりも安全とハッキリということができます。しかしアメリカの都市部では悪質な客引きが表立って存在できないように管理されてますが、そこらへんはインドはカオスです。悪質な客引きの誘いに乗ることがなければ治安は抜群にいいです。

私たちがインドのことを”治安が悪い場所”とどこかで思っているのは女子大生がインド人のグループに3週間にわたり監禁された事件があるからなのかなと思います。しかも監禁されていた場所が超観光地だったこともあり、子供を持つ親としてはそんなニュースを聞いた後では行かせたくないのが本音ではないでしょうか?

2015年→邦人女性を3週間監禁し暴行、男5人を逮捕 インド

しかも性犯罪のニュースをよく”インド”という言葉と共に聞きます。軽い性犯罪のようなものは僕もよく遭遇しました。特に朝のバスは下半身すごい触られます。笑

地下鉄、寝台列車では遭遇しなかったのですがバスはえげつない頻度でした。

男の僕でも合うんだからそこらへん女性どうなのよ!?って聞かれると保証はありませんが、場所と露出度をインドの旅では考える必要があります。

例えばバスの社内は格好の痴漢スポットです。4回ぐらいローカルのバスに乗ってやっと気づきました。笑

露出に関していえば欧米人の方は比較的露出度が高めです。そんな服装をしている方が”ケツヲ触られた、FUCK INDIA”って叫んでいました。

ブラトップのみ!!みたいな格好を欧米人の方が日本で着ていたら、そりゃ見ちゃうし、その衝動を日本人はなんとかモラルで押さえているのかなっていう。笑

あとホームレスの割合が多いのも治安が悪く見える原因なのかなって思います。ホームレスは無害です。ただインドのホームレスのアグレッシブさは世界一です。一度ホームレスを無視して歩こうとしたら足首つかまれて心の中で”ゾンビィいいいいいいいいいいいい”って絶叫していました。

images

ストリートで暮らす子供たちも毎日のノルマがあるのか花束、風船、雑巾など何でも売っています。腕がない、足がない、目が見えない、身体がすごい方向に曲がっている人なんてたくさんいます。行く場所が観光地だとなおさらたくさんです。

ここで起こる心の葛藤が”お金をあげるかあげないか問題”です。これを真剣に考えられると”インドにいく価値”が一層深まります。

小さい子供が排気ガスや汚れで顔を真っ黒にして”お金を頂戴”と服を引っ張ってくる….

imgres

あなたはどうしますか??

理路整然と、お金を今あげることは”今”の解決にしかならない、だから私はお金をあげないと”いい感じの答え”を出してくる人がほとんどです。理論はよくわかります。そして筋も通ってます。

あなたはどうしますか??

ただ旅しているだけでそんな問題を考えさせてくれるのが”インド”の良さじゃないんかなって僕は感じました。

若いうちに世界の縮図を肌で感じておくというのは僕は必要な経験だと思います。特に日本人はきれいなものを見がちです。それは日本での生活において汚いものを徹底的に排除しているからです。綺麗なものをより綺麗に、汚いものは消していきます。

以前、ギリシャの財政危機のニュースが世間を賑わせましたが、日本も他人事ではないほどの借金を抱えていることを知っていますか?

日本の借金は、2015年度末時点で1044兆5904億円に上っています。これは、2016年1月時点の人口で割ると、国民一人あたり823万円も借金を背負っている計算になります。生きてるだけですでにそれだけの借金を抱えているのです。さらに面白いように年々日本の借金は減るどころか増えています。

 

この負担は誰が負わなければならないと思いますか??

imgres

僕たちです。

つまり日本は見えないようにするために隠して隠して、金をつぎ込みます。

インドは隠さず堂々しています。

とそんなことを考えながら世界を旅すると一概に日本がいい国だなって思わなくなると思います。分かりやすく様々な問題を提示してくれるのがインドの良さです。

僕はちなみに子供たちに、コーラを買って一緒に飲んでました。日本で友達にコーラをおごる感覚ですね。そうすると子供たちがワラワラと集まって人気者になれるんです。笑

imgres

良い国ですよね。シェアハピめっちゃ感じれます。

人それぞれだと思いますが、だれかが困ってたら僕は助けてあげたい派です。助ける方法も何でもいいと思います。僕は”スラムドッグミリオネア”っていう映画を見てからは子供とコーラにしています。

そんなこんなで子供と過ごしていると

子供には何かをあげて大人にはなにもあげない??という葛藤もまた生まれてくると思いますが、僕は大人に関してはビジネスだと思っています。

ビジネスで乞食をしている人のほうが絶対的に多いのがインドです。

カーストの名残がまだあるインドではごみ収集の仕事をしている人や人力で草刈りをしている人はカーストの底辺の人たちです。ごみ収集などで一生懸命働いている人たちが1日で稼ぐお金と乞食をしている人たちが稼ぐお金は天と地の差があります。

1日ごみを拾って約400円もいかなぐらいです。

だから僕は大人の乞食はインドではビジネスだと思っています。

これも僕がインドで出した僕なりの結論です。あなたがインドに行ったとき違う答えがまた出てくると思います。

インドを20代のうちに旅をしたほうがいい理由が少しでも伝わっているとうれしいです。

20代といわずに10代でも何歳でも、インドにいってみて、インド経済が急速に成長している理由を感じる、ゴミを拾って生活している人の横で高価なラグジュアリーを身につけている人を見てなぜなのかと考える、なんでもいいと思います。

明と暗がくっきりと分かれていて、最高の勉強の機会だと思います。先進国は暗の部分を消すのに躍起になっているので、インドにいくなら今のタイミングがいいのかなと思います。

治安の話から、かけ離れましたが治安の話をまとめておくと

  • インドの北:客引きがひどく、本当に鬱陶しいが治安はそれなりにいいが宗教対立があるので行く村は選択しなければ死ぬ
  • インドの南:同じインドと思えないぐらい客引きがない、少しかまってほしくなる、治安は一番いいと感じた
  • インドの中央:観光地が多いので、客引きの日本語レベルが高い、深夜歩いてはいけない
  • インドの東:もはやインドではない、中東臭がしてくる、治安はいいが怪しい人が多くなる
  • インドの西:最も衝撃的なニュースが来る、インドで起こる奇怪な話の発信地、深夜は歩けない

って感じでした。

こちらの記事がオススメです!!

秘境が大好きな僕が旅で重宝してる旅グッズ○選

絶対に失敗しないとしたらあなたは何をしたいですか?

インドに来て”不浄の左手”を速攻でマスターしました笑

アメリカ横断の実録:旅の詳細

[ad#jun]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。