【治安】一番テロの多い時期にトルコに行ってきました!トルコの治安は東南アジアより確実に良いです!!

トルコに行きたくて行きたくてたまらなかった現在ギリギリ大学生のじゅんのすけです😄!

トルコって世界で一番ご飯おいしいっていう話を世界中の旅人から聞いて、”これは是非トルコ料理をしっかりと堪能したい”と大学生だからできる、フットワークの軽さを爆発させたのです!

このブログではトルコに行きたいけどテロとか、現地の現状ってどうなの??ってところを夜行バス、ミニバスとありとあらゆるバスを使って、トルコ全土をぐるりぐるりしてきた僕が感じたことを書いていこうと思います。

下記リンクにてトルコの詳しい説明をしています!

ハマる人続出!魅惑の国”トルコ”の完全攻略ガイドマップ-2018ver-基礎情報編

カッパドキアの治安情報

トルコの治安って現状どうなの??

IMG_0126

トルコに行くことを断念する多くの理由は「治安」ですよね??今回ズバリ答えます!!

これを読んで安心してください!!

 

東南アジアに7年住んで、世界中の変なとこ(インドのスラム3か月、フィリピンのストリートチルドレンと10泊した経験)に行って、現在インドにて会社を経営している僕が感じるに

トルコの主な観光地の現在の治安は間違いなく

抜群に良好!!です。笑

東南アジアや西アジアと比べると、比較にならないぐらい治安いいです!!

 

僕は初めてトルコへ行った時、尋常でない不安を抱えていました。

何しろ僕の行った時期のトルコはそれこそイスタンブールで爆弾テロがあった時期と重なり、トルコ行きの飛行機は観光客の姿が見受けられない状態でした。笑

みんなビビってトルコ旅行キャンセルしまくっていたんでしょうね笑

 

しかしそんなイスタンブルで爆発テロがあったトルコに3週間以上滞在すると、そんな不安は一蹴されました。笑

むしろ不安はなくなりトルコが大好きになってしまいました。

 

今の感情としてはこんな平和な国なのに、ネットの情報だけで行くのを躊躇してたのか~ってぐらい、平和も平和です。
そして何よりトルコは飯がうまい!!!

 

ブログで旅行情報を収集する際に気をつけないといけないことは、その人がリアルにその国を旅行しているのかということです。

きっとトルコで爆弾テロがあった瞬間にトルコに行ったこともないような人が、いかにもなことをブログで発信しているように思います。

特に旅系の記事の場合、いかにもなことを適当に言っているブログが多々見受けられます。笑

実際にトルコに滞在したことがある人は、絶対にトルコは危険だ!!なんていわないでしょうね笑

東南アジアより断然安全です笑

 

トルコ情勢が爆弾テロで揺れている中、トルコに滞在していた僕が一番感じたのは「こんな平和そうな国でテロがあったらもうしゃーない」ってところです。

 

それぐらいに平和な国でした。

 

例えば日本でテロが起きたとしたら誰を責めますか?

 

難しいですよね。爆弾を爆発させる奴が悪いんだから日本のセキュリティーについてテロが起こった後に言っても仕方ないんです、起こってしまったことは。

 

トルコはまさにそんな感じで、世界中から誤解を受けている国だと思います。

トルコに暮らしている人たちはこんな平和な国でどうしてテロ??と感じています。この話題について現地の大学生とも会話しましたが、首都アンカラの学生もトルコは誤解を受けていると言っていました。

 

実際にトルコを初めて訪れるとそれまで日本の一部を切り取った情報メディアによって作られた僕のトルコに対する知識と訪れて初めて知ったトルコの治安の良さには雲泥の差がありました。

 

それでもトルコで実際に爆弾テロは起こっています。

 

爆弾テロに巻き込まれないようにトルコを観光するにはトルコの大きな国土を有効に活用しましょう。

トルコでテロがあるといえば主に

・シリアとの国境付近
・アンカラ
・イスタンブール
と決まっています。
すなわち、ここの滞在時間を極限減らすことが安全につながる一歩です。
間違ってもシリアとの国境付近には行かない方が良いですが、基本治安レベルは落ち着いているのがトルコです

そしていつ起こるかわからないテロの恐怖さえなければ本当に素敵な国です。

IMG_0151

 

 

トルコに訪れる前は僕も「テロに巻き込まれたらどうしよう」とか「生きて帰ってこられんかな??」ぐらい胸がドキドキしながら飛行機に乗ってトルコに向かっていましたが着いてみたら本当に治安がよすぎてびっくりしました。

深夜帯に女性が一人で街を歩いています。

そして僕も歩いています。

 

僕のトルコは安全だ説は感覚ではなくて海外渡航安全情報のマップ(外務省)にも表れています。

スクリーンショット 2017-02-14 23.17.39

シリアの国境沿いに観光に行く人、トルコ南東に行く人はなかなかレアキャラだと思うのでこの記事では触れませんが、トルコの首都【アンカラ】や飛行機の関係上観光客がよく集まる【イスタンブール】にしたって本当に過ごしやすい街でした。この場所で2016年爆発があったのか??と思うぐらいに警備も少ないです。

IMG_0166

アンカラ

IMG_0613

イスタンブール

爆発さえなければイタリアの一本入った路地や、ロサンゼルスの方がすこぶる治安は悪いです。

 

トルコ治安についての総括

テロに巻き込まれたらどの国でも仕方ない。それ以外はいたって安全。

治安最新の情報の得かた

トルコを限りなく安全に旅行したい方は外務省の【たびレジ】の登録をしてください。

たびレジに登録すると知りたい国の情報がメールでやってきます。海外渡航情報の安全ページでは取得できない現地で起こっている最新の小さな暴動から全てキャッチすることができるので、不安症な方は登録をしてみてはいかがでしょうか??

https://www.ezairyu.mofa.go.jp/tabireg/

トルコへの渡航を悩んでいる方へ

ここで僕からのアドバイス!!

トルコへの渡航を悩んでいる方!!

今のトルコは最高です!!なぜならみんなビビってるからです。笑

これは裏を返すと、主な観光地がガッラガラだということです。

例えば【地下都市】や【気球】で有名な【カッパドキア】もありえないぐらいに空いていました。

おかげ様で遺跡を存分に楽しくみることができました。そして気球も観光客がいないぶん安くなっています。

イスタンブールでも観光客に人気のレストランでは待ち時間なしに気持ちよくご飯を堪能できています。

どんな施設に入るにも待ち時間なしです。それどころか観光地にトルコ人の方が割合が多いので観光地にいるのに海外からの客がおらず、マイナーな場所にいるんじゃないかと不安になるレベルでした。

 

 

テロがあるかもしれない。

けどそれは現在、観光客であふれているタイでもつい最近起こっています。

なぜトルコのテロは忘れられず、タイのテロは忘れられたのか不思議で仕方ありません。

きっとメディアの伝え方の違い一つだと思います。

カッパドキアの治安情報

ハマる人続出!魅惑の国”トルコ”の完全攻略ガイドマップ-2018ver-基礎情報編

ピックアップ記事

  1. 去年の誕生日は彼女と別れて大変だったから今年の誕生日はミャンマーに引きこもりに行…
  2. 最短距離でなりたい自分になる方法。10代にしておきたい17のこと×20代は勉強に…
  3. ラッパーと大麻の関係:なぜラッパーに大麻のイメージがあるのか
  4. 僕がおススメするチケット【アメリカ横断】する時の航空券の取り方
  5. Tinder 日本人が出会いやすい国1位はやっぱりあの国!!

関連記事

  1. Foreign

    Tinder 日本人が出会いやすい国1位はやっぱりあの国!!

    世界中でスワイプをし続けながら旅をしているじゅんです(@bentopi…

  2. Foreign

    【オススメ】海外一人旅に適した楽しい国5カ国

    今まで僕が旅をしてきた中で、特に一人旅が楽しかった国を10…

  3. Foreign

    【イタリア】ソレント〜アマルフィ間をSITAバスで移動する方法!

    ナポリ民謡の「帰れソレントへ」でも有名な南イタリアのリゾート地『ソレン…

  4. Foreign

    【グルジア・ワイン】クヴェヴリ(QVEVRI)製法の特徴・歴史!

    楊貴妃やクレオパトラ、イギリス首相チャーチルにも愛されたグルジア・ワイ…

  5. Foreign

    【イタリア観光レポート】魅力の詰まった城壁の街ルッカ!観光スポット!

    【イタリア観光レポート】魅力の詰まった城壁の街ルッカ!観光スポット!…

  6. Foreign

    【保存版】バックパッカーの聖地・カオサンロード攻略法!!

    カオサンロードカオサンロードは世界各国のバック…

  1. Daiary

    大学生の僕が世界一周に出て一人旅をして感じたことを書いてみた
  2. Foreign

    【チェコ】プラハの名産品!ガラスの錬金術“ボヘミアンガラス”!
  3. Foreign

    イタリアへ行く方必見!スリや詐欺を事前に防ぐ方法!
  4. Foreign

    フィンランド人に聞いた!本場フィンランド流サウナの入り方とサウナの効果!
  5. Daiary

    機械トラブルで上海ハニーと会えずに6時間空港いるけどこの話聞きたい?
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。