【上海で騙された話】上海の可愛いい女の子には気を付けろ。

僕のルームシェアをしている友達のお話。

ものすごく面白いからぜひ目を通してほしい。

これから東南アジアに行く人も、上海に行く人も、日本人はこんな風に詐欺にあうんやでってことがわかりやすく書かれているから。

 

僕からは「知らない人についていってはダメって小学生の時に習わんかった?」って伝えておきました。

【上海にて】

めちゃくちゃ可愛い子が話しかけてきた。
テンションあがった。可愛い子とできるよと教えてくれた。え、ほんますか!?いきますーって。ついていった。

 

店まではUberのチャリンコバージョンのやつに乗ってむかった。

その際にエッチな話をした。

 

盛り上がった。

 

店まで向かうツーリングは夜風と美女のおかげで最高に楽しかった。
思い出すと、今でも興奮するくらいだ。

 

10分くらいこぐと、かなり高い建物につき、19階まであがる。
あれ、けっこう高いなとお思いつつ、ついていく。その後、クラブみたいなラウンジに女の子がいて、一人がつき、そっこう開始した。ちょくちょく外を確認したり、トイレにいくといって外に出たりと、少し怪しかったがその時は何も思わなかった。

 

ひととおり、行為が終わると、急に女の子がでていき、日本語を話せるくそババアが入ってきた。

そして鍵を閉められた。

開口1番なんでここにいるの。ここは日本人がくるような場所じゃない。

VIPの人しかこないよと。

 

なんやら怪しい雰囲気。入り口の扉をみると、がたいのいい男性がこちらを睨みつけている。あ、おわったと。これがいわゆるあれかと。

 

抵抗すれば、殺されるやつかと。
ひたすらに謝った。ここまでかというぐらい感情をむき出しにして謝った。

しかし、おばちゃんが言うのは、黙って。話を聞いてと。はい。聞きますと。

 

おばちゃんが言うには、こういう店は警察とマフィアが結びついて運営してる店だと。

警察マフィアに20%づつ。残りが店の利益になると。一発でもやるとと金が発生すると。

すると何かを持ってきた。

この時、どうやって銃の玉が飛んできたときによけようかしか頭が巡らなかった。

それほどまでに混乱していた。

あ、終わったと。

 

おばちゃんはカメラの映像を持ってきた。みなさい。これやってるよね。

はい…やってます。

 

お金払わないとね。なに、働いてるの。
いいえ、働いていません。

 

学生。はい!学生です!(元気いっぱいに)
なので、お金はないんです。バイトはしてないの?してます。でも5万しかないんです。

 

うん。そうなの。でも払わないと朝まで出られないよ。ていうか捕まるよ。日本帰れないよ。

 

え、、、

 

お願いします。助けてください。払います。

ただちょっとまけてください。本当にお願いします。(半泣き)

 

財布とカバンをひたすらに調べられる。

 

お札と、クレジットカードを発見される。

あ、ばれた。おわた。
請求額は150000万円。え、おわた。

 

ひたすらにカード残額を使ってしまったとアピール。

そんなのは一切通用しない。

と思ったらちょっと通用した。じゃあとりあえずなんぼあるの。

 

えと、2万円ほどです。

わかった、じゃあついてきて。

はい…

 

かなり薄暗い部屋に連れて来られたので、あ、終わった。これボコボコにされるやつやん。

 

とにかく言われるがままに入ろうとしたら、他の客がいるからちょっと待ってと。

 

ちらっと見ると、スペイン系の男性もおそらく同じ目にあっていた。

なんとも言えない気持ちになった。ああ、彼はもう絶対に中国、そしてアジアには来ないんだろうなと。なんかごめんと。

 

数分後同じところに連れて行かれ、マフィアのボスみたいなやつがでてきた。ほんまにオワタおもた。

じゃあ、さっきのカード出してと。

はい。いやこのカードは残高ないんです。

 

まあまあ貸してみ一回やってみよ。

はい。じゃあ3000元(約5万円)でやってみよか。

ジャラジャラ。

普通にレシートがでた。(もちろん残高あるので)
50000円持ってかれた。

次、もう一つのカードをトライしようとしてきた。

いや、それも残高ほんまないんす。アフリカ1ヶ月いて使い切っちゃって。

まあ貸してみ。
3000元(約5万円)でやってみるわ。

パスワードポチポチ。

ジャラジャラ。

レシートでた。(これも普通にある)
50000円持ってかれた。

 

おいおい。こいつ金持ってるんちゃうんかみたいな顔になっている。

 

いや、持ってないですみたいな顔をする。

 

最後にキャッシュカードを機械にシュッとされた。奇跡的にエラーがでた。助かったーと思ったら。じゃあ近くにATMあるからそれでおろしてこいと。こいつら半端なーと思いつつも、下に降りれるならこれは大チャンスやー!

 

これで殴られずに済むと思い、究極の安堵感でおしっこ漏れかける。

 

近くのATMまで連れて行かれ、3000元(約五万円)をおろし、それを渡すとほなバイバーイ。(計15万円+財布にあった2万円)

 

わたし、完全にかもられましたよね?

みなさんも海外で遊ぶときはほんまに気を付けよう!!笑

ただ死ななければいい武勇伝の一つになるので上海の美女に声をかけられて高いビルに連れてかれたら覚悟してもいいかも!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。