【オススメ】海外一人旅に適した楽しい国5カ国

今まで僕が旅をしてきた中で、特に一人旅が楽しかった国を10カ国を紹介していきたいと思います。見知らぬ土地を開拓していく、少しアドベンチャー感の強い国になるので初めての一人旅には向いてないのかもしれないですが、初めてでもきっと楽しめる部分はあると思うので是非機会があれば訪れてみてくださいね!

今回僕がオススメする基準は

普通にオススメしたい、結構な秘境(寝台列車やバスで10時間以上的な面白いところがたくさんある)、また行こうと考えている(永住してもいいなぐらいの勢い)の3軸に重きをおいて紹介をしていきます。

 

ネパール

一人旅で僕が最初にオススメするのは、滞在中毎日酔いすぎて、ゲロを吐き続けた思い出の土地ネパールです。ネパールといえば、壮大なヒマラヤ山脈を思い浮かべる人が多いと思います。

僕も初めは全く同じでした。けどそうじゃないんです(迫真)

 

しかしネパールを隅から隅まで夜行バス、ヒッチハイクを駆使して巡るとものすんごい絶景に会える国だということがわかったのです。ネパール=絶景、この方程式さえ忘れなければここを読み飛ばしてもらっても構いません。笑

 

じゃあどんな絶景あるねん!!と疑心暗鬼気味のそんな人のために1枚だけ載せておきます。

ネパール=よくわからないorヒマラヤ山脈と考えていた方、ネパールは隅々(特に国境沿い)まで足を伸ばすとそこまでかかった苦労が相殺、または超越されるほどの絶景がそこら中で堪能できます。

ここにたどり着くまでに、数々の山を越えるのでバス酔いされる方はたくさんのビニール袋とたくさんの食料をリュックに詰め込んで行ってください。僕はゲロで吐いて、お腹が減っていろいろな人にごちそうになっていました。

絶景の次にネパールの何がいいかっていうと、完璧にカトマンズの圧倒的魅力。

結構ここのゲストハウスには沈している日本人の旅人がいるので悪い影響を受けないためにも日本人とは関わらないほうが懸命です。関わるならフレッシュな人たちにしましょう。村の僧侶みたいな人に要注意です。笑

一人旅めちゃめちゃ楽しく感じることができると思うので行ってみてくださいね!

ネパールで1週間自由に移動をしながら遊びたいと考えると航空券を含めた値段で10万円(航空券代7万近く)で十分満喫できます。

日本からネパールまでのお得な値段の航空券買いなゾーンは58,000円~6,5000円だと思います。

 

オーストラリア

2つ目は僕が大好きでよくいくオーストラリアを紹介したいなって思っています。

オーストラリアっていえば独特な生態系の中で生きる動物のイメージが強いですが、オーストラリの本当の楽しみはオーストラリアの端々と真ん中にあるウルルです。

それ以外は物価が高すぎて、貧乏バックパッカーを殺しに来るためあまり好きではありませんが、オーストラリアの海岸線沿いは本当に面白いです。

一度自転車でオーストラリアを縦に縦断しましたが、何もなくて、死ぬほど暇でした。笑

ただ南下しているときに急に見えはじめたエアーズロックでテンションが上がったのは覚えています。

オーストラリアの海岸線沿いには島国ならではの奇跡がおきた自然のアートが点在しています。

海の中に入って多様な生態系に触れるもよし、ウルルに向かって奇跡の写真が撮れるのを待つのもよし。

本当に飽きることなく、楽しむことができる国です。ただ肌が弱い方は日焼け止めをぬりましょう。僕の肌はここで純潔を奪われました。

そして物価がバカ高いので長居はやめましょう。グルーーーーーって回ってスって帰りましょうね。笑

野宿やカウチサーフィンでもしないとシャレにならないぐらいの金額になります。

日本からオーストラリアまでのお得な値段の航空券買いなゾーンは55,000円~70,000円だと思います。

 

クロアチア

東欧といえばここを勧めずにはいられません。クロアチア。

クロアチアといえば何を思い出しますか??魔女の宅急便の舞台になった街並みが有名ですよね。

街中散歩するのほんまに楽しんです。ただそれよりも僕がオススメしたいのは自然になります。東欧を歩いてぐるぐるした結果、一番きよかったのがクロアチアでした(1000%主観です)

なんか清いんです。自然が。街もしかり清いんですが、清いんです。

ニュージーランドのような清々しさを、東欧で味わえてハピエストになれたのを覚えています。

 

絶景を見つけたら、大声で『きよ—』って叫んでみてください。

心が清くなります。

嘘じゃないっす。

ドブロブニク、プリトヴィッツェ、スプリット、ザグレブなど主要な観光名所のご飯はあまり僕には合いませんでしたが、それぞれの都市からいける絶景は僕にはベリーマッチしていました。

日本からクロアチアまでのお得な値段の航空券買いなゾーンは125,000円~140,000円だと思います。

 

スリランカ

このランキングにインドを入れようか迷ったのですが、住みたい度合いでいえばスリランカかなと思ったのでスリランカに行ってみてください。感覚的にはインドなんだけれども、インドの都市部から強引さを無くしたのがスリランカです。

ご飯はインド料理なので、抜群に美味しいですし、治安もいいし、飯屋のおっさんも優しいし、いうことないのがこのスリランカ。

そして何よりモルディブが近いこと、これが住みたいポイントです。

モルディブに住みたいかと言われると、観光客多すぎてNOですが、綺麗な海が近くにあるってだけでテンションが上がります。

スリランカも一周ぐるーーーーっと回りましたが何がよかったって国全体がまだまだ開発されていない感がよかったです。

これぐらいの途上国感がすっきやなーって思いました。笑

特にスリランカのフィッシャーマンはインドネシアで出会ったフィッシャーマン並みにノリがよくて一緒にいて楽しかったです。

いい人生経験ができます。

(このヴィラにはまだまだ泊まることはできませんが、いつかきっとと心を輝かせて頑張ります。笑)

日本からスリランカまでのお得な値段の航空券買いなゾーンは50,000円~55,000円だと思います。

 

ナミビア

最後にオススメするのがアフリカ、ナミビア。

ナミビアって治安がアフリカ全土の中だといいところで、深夜ふらついても大丈夫でしたが、肌の色は黒くしておきましょう。笑

ここの何がいいって砂漠ですよね、てか砂漠しかないんですけど。

その砂漠がなんかいいんですよね。

空でかいし、まわりなんもないし、ほんまにぽつんです。

僕のオススメはラクダに乗りながら『カントリーロード』を歌うことです。日本を出発する前に歌詞は叩き込んでおきましょう。意外とナミビアは暮らしやすいなと感じていて(都市部のみ)僕は何年か住んでみようかなと考えています。

現地でキオスクでも経営したいなって考えています。笑

日本からナミビアまでのお得な値段の航空券買いなゾーンは158,000円~167,000円だと思います。

 

 

一人旅に向いている人

ここで一つ注意したいのが一人旅は向いている人と向いていない人がはっきりと分かれるということです。一人旅が苦手な人が一人で旅をすると何もできずに、ただ海外にいった感じになります。笑

よく初めて一人旅をしたけど、つまんなかったという人は結構います。

だからまず、自分が向いているのか向いていないのか考えてあげることが一人旅をする前にすることです。

実は僕は友達がいないので一人旅をしているだけで友達がいるなら是非一緒に旅をしたいタイプです。一人でご飯を食べるよりも大勢でご飯を食べたほうがおいしいにきまってますもんね。

 

ピックアップ記事

  1. テロに遭遇したら…すぐにできる生き残るためのテロ対策をまとめた
  2. 効果的に外国語を勉強する方法を海外で働いてわかった経験を元にまとめてみた!
  3. 去年の誕生日は彼女と別れて大変だったから今年の誕生日はミャンマーに引きこもりに行…
  4. 吉田松陰の本を読んで考えさせられたこと:自分らしく生きるために必要なものは何か?…
  5. 【ダイエット】20kg増えて流石に生きづらさを感じて来たから嫌々痩せていく日記

関連記事

  1. Foreign

    【フィンランド】フィンランド国内の格安交通手段!飛行機・電車・バス!

    サンタクロース村やムーミンランド、オーロラ鑑賞など、神秘に包まれた国・…

  2. Foreign

    【ヨーロッパ】バックパッカー必須のアプリ5選!

    ヨーロッパでバックパックをしたいと考えている方のために、今回は最低限必…

  3. Foreign

    【ベルギービール】ORVAL(オルヴァル)の特徴・種類・歴史・味

    何百種類もの種類があるといわれているベルギービール。今回は、ベ…

  4. Foreign

    ヨーロッパを最安値で移動する!バックパッカー必見サイト!

    多くの国が隣接するヨーロッパ。パスポート要らずで各国を移動でき…

  5. Foreign

    フィンランド人に聞いた!本場フィンランド流サウナの入り方とサウナの効果!

    冬の温泉には絶対に欠かせない“サウナ”。実はサウナ(sauna…

  6. Foreign

    【ベルギービール】Westmalle(ウェストマール)の特徴・味・種類・歴史!

    何百種類ものビールがあると言われている世界的に有名なベルギービール。…

  1. Foreign

    買うならコレ!イタリア人が認めるBarilla(バリラ)のパスタ!
  2. Foreign

    【ベルギービール】CHIMAY(シメイ)の特徴・種類・歴史・味!
  3. Daiary

    機械トラブルで上海ハニーと会えずに6時間空港いるけどこの話聞きたい?
  4. Daiary

    21世紀の現代における優れたリーダーになる条件
  5. Daiary

    トルコがヤバすぎたので、治安最高っていう根拠ゼロの解説をさせて頂く
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。