現代人へ送る英語上達を目指す方への効果的な英語勉強方法

今回は高校の頃から英語の勉強をサボり続けた結果、最近英語の勉強をもっと真面目にしておけばよかったーーーーーとクソ後悔をしているインドで働く社長である僕が絶大的に効果を感じた、感じている英語の勉強方法をシェアしようと思います!

英語の勉強ってダルくない?

英語がなかなか上達しない人たちは多分心の奥底に「英語の勉強だるいわー」って感情があるんですよ笑

僕は今まで英語に関する参考書を死ぬほど買っています

自慢になりますが、有名どころの英語の参考書は全部買って、全部最後まで参考書を終えたことはありません

英語の参考書って終わらないですよね笑

本当にダンジョンです

大学時代から

もうこのループなんです

参考書を買う→ちょっとやる→毎日やろうと思ったけど何か理由をつけてサボる→英語以外の楽しい趣味を見つける→そろそろ英語の勉強するか→新しい参考書を手に入れる

大学時代からこのループにハマって一切英語の勉強が進展した気がしません笑

参考書の最初の方しか見れていないので、主語述語らへんで終わってしまうんですよね笑

 

こんなクソみたいな英語勉強やるやるループにハマっていた僕を助けてくれたのは英語の勉強を頑張らない勉強方法です

僕が編み出したサボりがちな人への英語勉強方法

まずは英語の勉強に関するマインドが大事です

このマインドはサボりがちな人だからこそ、手に入れられるのかなと思います

毎日勉強しない、できそうな気分の時にしっかりやる

 

僕はこのマインドでビジネス英語を使えるレベルにまでになりました

正直毎日英語の勉強って苦痛ですよね

だって高校時代、勉強する習慣がなかった奴ができるわけないですよ笑

 

そんな適当な僕が実践している英語の勉強方法・大体の勉強の時間の目安がこちらです

1日3時間勉強を予定した場合の英語勉強方法・勉強の時間の目安

英語検索で無料ですぐに見れる「面白そうな映画、ドラマ」を真面目に探す

→見つかるまで探す、心の底から自分が好きなコンテンツを探す(実況系でも構わない)ここで3時間使い切っても構わない

ここが僕の考える英語の勉強で一番大切な所になります

ここだけ頑張ってください

自分が死ぬほど楽しめる、何十回も観て楽しめるコンテンツを探すのです!

僕は「アルマゲドン」が大好きになってセリフを完コピできるようになりました笑

アクションでもSFでもMr.ビーンのようなセリフの少ないものでもいいんです笑

面白いんですよね、自分の好きなジャンルの映画って笑

英語学習と感じないぐらい琴線に触れる作品を探しましょう

・セリフを覚えるまで見る(時間があれば)

僕は今アルマゲドンを聴きながらブログを書いて、セリフをブツブツつぶやいています笑

映画を聞いてシャドーイングできる」っていう難解をクリアできれば、その映画のストックを自分の中に増やしていくことが次の目標になります

ちなみに僕はシャーロックホームズ、余裕で80回ぐらい見ています笑

あれ、めっちゃ面白いんですよね

セリフ多くて、難しい単語多いんですけど、聞き取れなくてわからない単語は全部調べて、また再生をしたらなんか覚えましたね笑

 

・インプットをしたセリフは日常でどこで使えるか考えてアウトプットして見る(時間があれば)

最近は英語版のバチェラーを見て、大人な男性の単語を頭にインプットしています笑

いつの日か使えれば嬉しいと感じてます笑

なんかこんな感じで自分の中でなりたい自分の英語単語をインストールしていくのが楽しいんですよね笑

ダンディになりたいならダンディな映画俳優のセリフを多く覚えればいいし、バカな英単語を知りたければバカな映画を見ればいいだけです笑

TEDとか本当におすすめですよ

インドにきてTED系列の映画から学んですぐアウトプットして見た「Turn me on!!」(そそるね〜)って酒場で話したら、汚物を見るような顔で見られました笑

TEDさまさまですね笑

実際の僕の適当な英語勉強方法

Step1.見たい映画、ドラマを探す

今回僕は「The Bachelor Japan」の英語のサブタイトルが付いているドラマから英語の学習をしようと思います

Amazon prime会員なら誰もが広告等で見たことあるか人気のリアリティーショーです

Step2.なんとなく見る

ドラマで英語の勉強を進める理由としては1話の時間がちょうどいいことです

20分-30分と飽きずに進められて、程よく休憩できます

映画はよっぽど好きじゃない限り大変ですが終わった時は倍の喜びがあります

例えばこのリアリティーショーのワンシーン

女-You look more handsome in person!

男-Your skin is so fair

という会話があります

例えばですが、自分好みの女性じゃない人に好意を抱かれアタックされている場合

日本語であればこんな感じで対応可能ですよね?

女-超イケメンなんですけど〜

男-肌白いね〜!!(可愛くないけど褒めないといけない状況)

なんかわかりますか?!この状況笑

 

しかし英語だと、同じ状況に陥った場合、ボキャ貧のためうまく返事を返すことができないですよね

女-You look more handsome in person!

男-You too!!!

みたいなwwww

そこでぼーっとこのシーンを見ながらノートか何かに書き留めておくんです

Your skin is so fair=肌白い(女性を褒める時)

 

こんな感じで自分の中に生きているボキャブラリーを落としていくのです

Step.3 気になった/わからない英単語の意味を調べてなんとなく覚える

Step.4時間があれば、もう一度気になった英単語の部分に注力してどんなシュチュエーションで使うのかを知る

結局机の上に張り付いてする英語の勉強って何がいけないのかっていうと

いやこの英単語覚えたけど、いつ使うねん!!

みたいな状態が大量発生して、使いどころがわからずに武器をただストックしているだけになるんですよね

だからそんな状態から脱却するためにこんな感じで僕は英語の勉強をして、ビジネスレベルで英語を使用しています

 

ちなみに文法は全くわかりません笑

SVOOとかSVOCとかなんやねん、いつ使うねん、考えたやつ頭悪いわーって高校の頃から思っています

流れで勉強した方が楽ですよ〜www

 

ズボラな人への英語勉強法まとめ

・毎日頑張らない、時間がある時に頑張る

・英語コンテンツのものをで自分が好きなものを探す

・好きな英語コンテンツを徹底的に真似る

・インプットしたらアウトプットの場があるか考える

 

以上です!!

ただし、この英語勉強法には大きな欠点があって、リーディングスキルがほぼ身につきませんwww

なので英語で契約書などがくる僕は毎回ゲロが出そうです

そのためにリーディングの勉強を、やる気が出たらいつの日かしようと思います笑

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。