起業失敗談-過去の過ちから学ぶ大切さ|負ける人物の共通点

初めまして

人生を爆速で失敗してまた復活をしているじゅんのすけ(@funtasticbabyy)です!

このブログでは学生起業、数千万の収入、失敗、借金、就職、結婚、2度目の起業と人生勝ったり負けたりを繰り返した

僕のこの4年を大まかに振り返って見ます

そこで僕の経験から得た、負ける人物の共通点を考えていきます

 

僕の直近4年のアウトライン

 

・学生時代に企業

・投資して頂いた方があっち系の方だったためマウントされる笑

・僕のカードを使われていて借金ができる

・2年間の事業続行を断念して新卒で会社に入社

・できちゃったので結婚

・友達に誘われたので2度目の起業

・お金を持った友達失踪、仕方ないので頑張る笑

 

まぁまぁ失敗しているのかなーと思います笑

基本Yesマンなので、友達に誘われたりとか、知らない人に応援されたらどんどん突き進んでやっちゃうんですよね笑

起業に関しては前回も今回も前途多難ですが、事業として形にすることは得意なので頑張っています笑

勝因は偶然の産物

例えば事業を起こして失敗するにしろ、人に騙されるにしろ、借金ができるにしろ「敗因」って必ず存在しているんです

逆に「勝因」って偶然の要素が多くて、計算できないんですよね

例えば学生の身分で数千万を儲けた事実は絶対的な「偶然」なんです

もう一回やれと言われてもできる気はありません、できれば速攻ビリオネアです笑

タイミングと運と行動」これを合わせるのは至難の技です笑

敗因は原因が必ずある

例えば僕が学生時代に投資して頂いた方があっち系でマウント取られた失敗の敗因ってはっきりしているんですよね

それは情報不足です

投資してもらう方の情報を知らずに、いいひとだ!という直感に近い思い込みで投資をしてもらい事業が進んだ段階でマウントをされるというwwwwww

情報不足、思い込み これが僕の学生起業の敗因の原因です

人は学ばない

学生時代に手痛い思いをしているにも関わらず、僕はまた失敗をしています

友達が「半年分の資金を僕が用意するので、起業しよう」と僕の貯金がほぼゼロの状態で、友達を信じて会社をやめました笑

結婚をして、これから子供が生まれるというタイミングで貯金ない僕の壮大な冒険が始まるなーと考えていたら嘘をつかれましたwwww

しかし会社も辞めてしまったしお金もないし、やるしかないのでやっています

これも友達の嘘を信じた「情報不足」その友達なら信用していいという「思い込み

人間は学ばないんですよねーwww

じゃあどうするのか

僕は 失敗には敗因があるが人間は同じ過ちを繰り返す を仕方のないことと捉えています

投資して頂いた方がものすごい怖い方達だったので、途上国のクラブで血まみれなど恐怖を植えつけられています笑

しかし今は借金、友達に騙されたという経験を乗り越え次の事業を動かしています

 

これは僕の哲学ですが 神は乗り越えられる試練しか与えない と常に考えています

この言葉を僕は「ポジティブな感情で課題の解決に取り組めばなんでも試練は乗り越えられる」と意訳しています

 

失敗した段階で、失敗した問題を放置するのではなく、自分なりに解決をしてポジティブな感情で生きていくことが大事ではないかなと思います

僕はまだ大きな失敗を2回しか経験していません

真面目に失敗した問題を考える、そうすれば

例えば

10回も大きな失敗をすれば、きっと1回は防げるのではないのかなとおおらかに考えています

過去の過ちから学び、失敗を防ぐ確率を上げていければ人生は面白く、豊かなものになるのではないのかなと考えています

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。