父親目線-子育てと仕事の両立は可能か

初めまして!

最近赤ちゃんが誕生し、世界で一番忙しい職業「父親」になりました

今回は子育てと仕事の両立は可能か を父親になってからまだ1ヶ月程度ですが感じていることがあるので、書いていきます

 

父親の僕の仕事

赤ちゃんが誕生した時、僕の社会的肩書きは完全なる”無職”でした

”無職”が子供育てられると思っているのか!!と怒られそうですが無職だから仕方ありません

新卒で関西から東京にきて、働いていましたが1年経たず退職します

新卒で入社した会社を退職する寸前に子供を授かっていることを知らされましたが、

”まぁなんとかなるやろ”とあまーく考えて退職後、海外を1人でフラフラしていました笑

なんともクソヤローですよね笑

その後、インドで会社を起業し、赤ちゃんが生まれた月に日本で会社を起業したので実質的に2つの会社を経営していますが会社経営をしていることで安定した生活とは言えません笑

インドに会社があるので週の半分はリモートワーク的に1日中家に引きこもってパソコンとにらめっこしています

子供を育てる環境

僕の両親は海外に住んでおり、両親に困った時に預けるなどの必殺技を使うことはできません

嫁の親はシングルで、働いており東京からかなり離れた田舎で暮らしているので里帰りせず2人きりで子供を育てています

 

本題:子育てと仕事の両立は可能か-父親目線

僕は子育てと仕事の両立は可能だと感じています

赤ちゃんが生まれると同時に嫁と2人で初めてのことだらけの育児がスタートし、

何をしていいかわからない日々+日本で会社を設立、人を雇い事業を動かす

一番忙しい時期の事業フェーズでもなんとか子育てと仕事を両立してやることができているからです

 

ただし働く条件として、僕自身子育てと仕事の両立ができているのは、リモート的に働けているから他ありません

常に誰かと打ち合わせをしながら布オムツを変え、嫁が搾乳してくれたミルクを飲ませながらメールを出しています

僕がもし会社員で、リモートで働けない環境であるならば僕の家庭は必ず崩壊していたと感じています

育児は驚くほどに忙しく、大変なのです

想像していた忙しさよりも何万倍も大変です

僕は赤ちゃんに直接授乳することができないのですが、それ以外の育児には全て携わっています

2人でも手が回らないので、1人で家庭を守っているお母さんは偉大です

働きに出て行っている方は仕事で家に帰ってきて、ご飯が用意されていない日もあるかもしれません

それは仕方のないことです

むしろ夕ご飯を作っておいてくれているのならスーパーマンです

休日の時だけ、いい父親ぶって遊んであげているかもしれません

それを毎日、家事をこなしながら過ごすのは通常の何倍も手間がかかることです

いたわってあげてください

 

子供は日に日に顔が変化していき、日に日に体重が重くなっていきます

僕がサラリーマンだったらその毎日の変化に触れられる幸せに気づくことはできなかったと思います

そして嫁の1人で育児をこなす大変さにも気づくことはできなかったです

 

子育てと仕事の両立をしているスーパーママがいればこのブログを旦那に見せてやってください

僕が代弁できるよう日々の家事育児に全力で取り組んでいきます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。