世界最古の芸術作品の一つ!洞窟壁画の最高傑作:ラスコー洞窟の壁画について

後期旧石器時代にヨーロッパに暮らしたいわゆる「クロマニョン人」が、フランス南西部のラスコー洞窟に描いたラスコーの洞窟壁画は現在知られている最古の芸術作品の一つです。

見つかったのは1940年、フランス中部の村モンティニャックの近くで四人の少年がたまたま洞窟に入ったのがきっかけでラスコーの洞窟壁画は見つかっています。

ラスコーの洞窟の内部は部屋がいくつも繋がっており、その壁には1万5000年から1万7000年前に描かれた動物の絵が1500点近く見つかっています。

今回はラスコー洞窟の壁画について周辺情報をまとめています。

ラスコー洞窟とは

ラスコー洞窟(ラスコーどうくつ、仏: Grotte de Lascaux)は、フランスの西南部ドルドーニュ県、ヴェゼール渓谷のモンティニャック村の南東の丘の上に位置する洞窟である。先史時代(オーリニャック文化)の洞窟壁画で有名である。ラスコー洞窟の壁画は、アルタミラ洞窟壁画と並ぶ先史時代(フランコ・カンタブリア美術)の美術作品である。これは1940年9月12日、モンティニャック村の少年が、穴に落ちた飼い犬を友達3人と救出した際に発見された。洞窟の全長は200メートル程度。地下に長く伸びる洞窟は枝分かれし、壁画が集中している大空間などがいくつかある。洞窟の側面と天井面(つまり洞窟の上半部一帯)には、数百の馬・山羊・羊・野牛・鹿・かもしか・人間・幾何学模様の彩画、刻線画、顔料を吹き付けて刻印した人間の手形が500点もあった。これらは20,000年前の後期旧石器時代のクロマニョン人によって描かれていた。

-Wikipedia引用

ラスコー洞窟の平面図

ラスコー洞窟に描かれた壁画の材料

壁画に書かれている壁画の色素の材料として、赤土・木炭を獣脂・血・樹液で溶かして混ぜたものを黒・赤・黄・茶・褐色と5色に分けて作成されています。顔料はくぼんだ石等に貯蔵して、こけ、動物の毛、木の枝をブラシがわりに、または指を使いながら壁画を塗って描いたと考えられています。

ラスコー洞窟の壁画にまつわるストーリー

この壁画がなんのために書かれたのかについては諸説ありますが、中でも有力な説は以下の二つです。

・先史時代の人がこの洞窟の形状を見て動物の形に似ていると考え、そのイメージを他の人に伝えようとしてい目立つ印を付け加えた説

・ラスコーの洞窟の壁画は洞窟の中でも人が入りにくいところにあるため呪術的な儀式に使われていた説

いずれにせよ先史時代の人々は動物の絵を非常に正確に描くことで、動物たちを自分たちの思い通りにしたり、数が減ったときには増やしたりできると考えていたようです。

ラスコーの壁画に描かれている動物は輪郭線だけで描かれているか、その中が一色で塗りつぶされているのか、どちらかです。

ラスコーの壁画に描かれた動物の多くはいわゆる歪曲描法を使っていて、例えば東部は横向きだが、ツノは正面を向いた形で描かれています。

絵の多くは点や線状模様など様々な模様も含まれていて、これらは何らかの象徴的な意味があるのではないかと考えられています。

ラスコー洞窟の壁画メインと考えられている「雄牛の大広間」はラスコー洞窟の中でもっとも壮麗な部屋です。

このラスコー洞窟の「雄牛の大広間」は左から右へと続く一連の絵に、野牛の群れを追いかけて捕まえる様子が描かれています。

ラスコーの洞窟が描かれた時代背景

後期旧石器時代と呼ばれる4万2000~1万4500年前頃のヨーロッパで、クロマニョン人たちは、そこで野生動物の狩りを中心とする狩猟採集生活を送っていた。参考までに、農耕や牧畜の知識と技術が導入されてヨーロッパが新石器時代を迎えるのは8500年前以降で、エーゲ海でヨーロッパ最古の文明が起こるのは、それよりさらに後の5000年前頃である。日本列島では1万6000年前頃に土器が出現して縄文時代が始まるが、クロマニョン人の壁画が描かれたのは、そうした私たちに馴染みのある時代よりもはるかに昔のことなのだ。

現在のラスコー洞窟の壁画

ラスコー洞窟の入口

1948年7月14日、洞窟は一般公開された。かつては大勢の観客を洞窟内に受け入れていたが、観客の吐く二酸化炭素により壁画が急速に劣化したため、1963年以降から、壁画の外傷と損傷を防ぐため、洞窟は閉鎖された。現在は壁画修復が進む一方、一日に数名ごとの研究者らに応募させ入場・鑑賞させているほかは、ラスコーの壁画は1963年4月20日に非公開とされている。
-wikipedia引用

建設中のラスコー4(2015)

オリジナルの洞窟の近くにレプリカの洞窟「ラスコー2」が1983年に作られており、こちらは一般見学が可能である。この他、遠隔地での展示が可能な「ラスコー3」が作られている。さらには2016年12月には新たなレプリカ洞窟「ラスコー4」がオープンした。
-wikipedia引用

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。