Webマーケティングとは?オススメのWebマーケティング手法!

WEBマーケティングの相談をされる方の大きな誤解の一つに

「あまり考えなくても、予算をかけなくても、簡単に集客できる」といった意識があります

それは大きな誤解です

Webマーケティング業界は非常に変化が激しく、毎日のように新しい情報が現れます

常に新しい情報をキャッチアップしていかなければ置いていかれる世界がWebマーケティングの世界です

そんな誤解、知識遅れを生まないためにこのブログではWebマーケティングの普遍的な技を伝えていければと思っています

今回は、Webマーケティングとは一体何かをWebマーケティング施策例を交えてお伝えします

そしてこの記事を読むことで、Webマーケティングをする上で大切な基礎がつかめます

Webマーケティングとは

Webマーケティングの大きな特徴として施策の結果を全て数値で管理出来るというのが大きな強みです

紙媒体であれば、どこで買ってどのページをどれだけ読まれたかというのは計測するのはおおよその数値しか出すことができませんが、Webマーケティングであれば、どこから来て、誰が・どのページを・何回・何秒滞在したか、などの情報を見ることが出来ます

そういったデータを生かし、再度マーケティング戦略を練ることができるためPDCAが高速に行える点が変化の早い現代ビジネスにマッチしています

Webマーケティングの集客手段

Webマーケティング方法:SEO(検索エンジン対策)

集客力 ★★★★★
販売力 ★★★★
取り組みやすさ ★★★
価格のお得度 ★★★★
オススメ度  ★★★★★

Web集客で一番有名な方法がSEO対策です

検索エンジンで上位表示させるために、多くの有名企業が人員、資金をこのWebマーケティングの方法に費やしています

検索エンジン(GoogleやYahoo!Japan等)に上位表示させることができれば多くの人が、そのページを訪問します

「〇〇というキーワードで1位表示されたら売り上げが倍増する!」これは実際の話です

私もバスケのバッシュ関連の記事で1位を取得したことがありますが、月の売り上げは30倍ほどに跳ね上がりました

しかし売り上げにつながる有効なキーワードは上位表示させる難易度が高く、競合が多いものです

Webマーケティングを考えているのであれば、最低限取り組まなければならないのがSEO対策になります

Webマーケティング方法:リスティング広告(検索連動型広告)

集客力 ★★★★★
販売力 ★★★★★
取り組みやすさ ★★★
価格のお得度 ★★
オススメ度  ★★★★★

リスティング広告(検索連動型広告)とは検索エンジンの上位表示をお金で買うことです

Webマーケティングにおいて短期的に結果の出やすいこのWebマーケティング手法は大手企業がこぞって利用しています

リスティング広告が予算に余裕のある企業に好まれる理由は

・費用対効果がわかりやすい点

・上位表示できる安定性(短期的に効果が出る)

の2点です

SEO対策では内容を反映してから結果が出始めるのが1ヶ月-3ヶ月はかかります

正しい戦略を立てることができなければ、運用を初めてからの改善点が見えにくく安定性にかけるのです

その点リスティング広告はSEO以上にコスト感が明確であり、売り上げを安定させることができます

またSEOでは取得できない各種情報もリスティング広告を運用すれば取得することが可能です

ただしリスティング広告を運用するにあたって気をつけるポイントがあります

それはリスティング広告はクリックされればされるほど費用がかかるためWebサイトの設計がしっかりしていないと赤字を垂れ流すことがある点です

また年々リスティング広告の価格競争は激しさを増しているため、資金力の潤沢でない企業は違う戦いを迫られるかもしれません

Webマーケティング方法:ディスプレイ広告

集客力 ★★★★
販売力 ★★
取り組みやすさ ★★
価格のお得度
オススメ度  ★★

ブログなどWebサイト、アプリ、SNSなどに表示される広告の総称がディスプレイ広告です

画像、テキスト、動画など様々な形式があり、自社のプロダクト認知において柔軟に変化させることができる広告媒体です

しかし提供会社数も多く、どのディスプレイ広告を使うのかの議論は必要です

どのディスプレイ広告も一長一短があり、一概に費用対効果が高いWebマーケティングツールとはいえません

Webマーケティング方法:オウンドメディア運用

集客力 ★★★
販売力
取り組みやすさ ★★★★
価格のお得度 ★★★★★
オススメ度  ★★★★

自社サービスや商品に関係のあるコンテンツのWebメディアを運営する手法です

SEO対策の一環としてオウンドメディアを立ち上げる企業がIT企業には多く、オウンドメディアを運営することによって以下のメリットを得ることができます

・良質の記事を投稿すれば検索エンジンにも上位表示され、アクセス数が伸びる

・SNSでバズりやすい記事を量産しやすい

オウンドメディアを社員が運用する時の注意点として、ただ単に社員のブログになっていないかを見る必要があります

惰性で日記のごとく会社での業務を書いているオウンドメディアがありますが、それは日記であり、Webマーケティングには当たりません

オウンドメディアもまた戦略、軸を定めて運用しなければ効果は一切得ることができません

自社のサービスを自由に広告することができる自由度の高いマーケティング手法になります

Webマーケティング方法:ソーシャルメディア運用

集客力 ★★★★
販売力 ★★★
取り組みやすさ ★★★★
価格のお得度 ★★★★★
オススメ度  ★★★★

若い世代へのリーチ力がずば抜けているのがソーシャルメディアを運用するWebマーケティングです

SNSでの情報や拡散が私たちのライフスタイルや商品購買に大きく影響を与えています

私の嫁は一度Instagramで書いたいものの口コミを調べて、購買にいたっており、SNSは若い世代の検索エンジンとしての役割も担っています

またSNSはメルマガのようにアカウントをフォローすることで企業やサービスの最新情報を知るためのインフラになっています

WebマーケティングとしてのSNS運用は最低限、最新情報を発信する目的での運用は必須です

SNS広告を使わない限りは基本的にお金が一切かからず、センスさえ良ければフォローワー数は右肩上がりに伸びていくのがSNS運用になります

Webマーケティング方法:ショッピングモールシステム

集客力 ★★★★
販売力 ★★★★★
取り組みやすさ ★★
価格のお得度
オススメ度  ★★★

ショッピングモールシステムとはAmazonや楽天などのシステム内に利用料を払い、クラウド上の店舗をオープンさせることです

国内でもトップのPV数があるつまる各プラットフォームで店を出店するわけですが、リアルの店舗と同じように広告戦略やSEO対策が必須になります

個人でWeb上にWebショップを開設してもあまり検索されなければ、なかなか売り上げは伸びません

それは商品を購入したいと考えている人との遭遇率が圧倒的に低いからです

その点でショッピングモールシステムを利用すれば、購買意欲の高い人たちとの遭遇率は高まり商売が成立します

自社で扱っている商材がショッピングモールシステムを使うことで売り上げが増加するのは、単純に購買意欲の高い人との遭遇確率が高いからです

うまくこのWebマーケティングの手法を用いることができれば収益は右肩上がりになります

Webマーケティング方法:メールマガジン

集客力 ★★★★
販売力 ★★★★★
取り組みやすさ ★★
価格のお得度
オススメ度  ★★★

メルマガはすでに時代遅れのツールになってしまったといった見方もありますが、メルマガの最大のパフォーマンスを発揮するにはECサイトとの連携です

メールマガジンの強みはお客様を連れてくることではなく、商品・サービスを購入、使用してくれた人に対して「リピート」を行えることが最大の武器になります

メルカリであれば、クーポンの発行を行なっている旨のメルマガは定期的に行うことで、注意喚起を促しています

儲かっているECサイトほど確実にメールマガジンに力を入れているのです

メルマガの開封率は年々減少傾向にあり、LINE@などのSNSを駆使してメルマガの機能を補完することが求められています

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。