音楽とは何か:音楽の基礎

私たちが日頃触れる音楽とは何なのだろうか

自身が気になる音楽を探して、ネットサーフィンをしていると

自分にとって心地いい音楽とは何か→そもそもいい音楽とはなにか→そもそも音楽とは何か

と思考がぐるぐるしたので、この記事ににアウトプットをする

音楽とは端的に言えば”模倣や楽譜によって再現できる組織化された音のこと”を指します

音楽と雑音は全くの別物で、例えばドアを開けるときのギーッという音や黒板を爪でひっかく時の音などは一定でなく組織化されておらず、こうした雑音から出る音波は複雑で、一つ一つを識別可能な音として聞き取ることはできません

では組織化された音はどのように因数分解できるのでしょうか

音楽の音を分析する際の基本的な要素には3つの要素があります

この3つの要素はどれも五線に書くことができます

普通五線は楽曲での拍のまとまりを示すため小説に分けられ、ページに書かれた各五線の冒頭にはどの位置がどの高温化を示す基準点として音部記号が記されます

音楽とは何か:音楽を作り上げる3つの要素の正体

音楽の基礎:音高(ピッチ)

音高(ピッチ)とは耳に聞こえる音の高低を指します

音高(おんこう)、ピッチとは、

  1. 音楽用語
  2. 音声学用語

における音の高さのこと。

音高は専門的に音波の周波数、音の波が一定時間に繰り返される回数で測定されます

西洋音楽には明確に違う音高が12あります

嬰や変のついた音高は変位音といい、ピアノの黒鍵が出す音のことを言います

音楽的には音高の皇帝のどちらかの側に半音だけ映った場所にあります

だから例えば嬰ニと変ホは同じ音高になるのです

また音を記号として書いて表したものを音符と呼びます

音符(おんぷ)とは、西洋音楽の楽譜において、音を書き表すのに使われる符号である。

音符は五線譜などの中で、相対的な音の長さ(音価)と時間的な位置、および高さ(音高)を表す。また、音価によってその形が異なる。それぞれの音符は、符頭(たま)、符幹(ぼう)、符尾(符鈎)(はた)の3部分から成るが、符尾を欠くもの、符幹と符尾を欠くものや、符頭が白抜きのものがある(符幹と符尾をまとめて符尾と呼ぶこともある)。時間的な位置と音高は、五線譜の中で符頭の位置によって示される。

音符の対になるものに休符がある。休符は音の出ないことを表す。休符には音高がないので、原則として譜表上の一定の場所に書かれるが、1つの譜表に複数の声部が書かれるときや、連桁で繋がった音符の間に短い休符を挟むときなどは、適宜上下に移動させる。2分休符以上の休符は、譜線との対応関係を乱さないように移動させ、五線の外に出た場合や譜線がない場合には加線を用いる。

-wikipedia引用

音楽の基礎:音階(スケール)

音高を高さの順に階段状に並べたもので、しばしば旋律の基盤となります

音階(おんかい、英語: scale:スケール)は、音を音高により昇順あるいは降順にならべたものである。

「音階」は西洋音楽の音楽理論用語Tonleiter, Skala(ドイツ語)scala(イタリア語)gamme(フランス語)scale(英語)などの訳語として明治期に日本語に登場した。それまでの日本で使われていた音階に似た用語を探すと、雅楽や声明の世界において使われていた「五声・五音」「七声・七音」「調(西洋音楽で定義される『調』とは意味が違う)」などが挙げられる(更にこれらは中国音楽の音楽理論用語からきている)。したがって基本的には「音階」とは西洋音楽理論において定義されるそれ(音を高低の順番に並べたもの)である。

-wikipedia引用

楽曲では全体を通じて、または部分ごとに特定の音階に出てくる音だけを使うことが多いです

西洋音楽では、様々な長音階や短音階を使います

長音階はその特有の音高の並び方のため、聞き手の大半が「明るい」などポジティブな印象を受けます

一方の短音階は「暗い」などネガティブと表現されます

音楽の基礎:調(キー)

音高を、普通は長音階か短音階の一つを基にして並べたもので旋律の基準となり、旋律を支える流れとなります

調(ちょう、key)は音楽用語の一つ。

メロディーや和音が、中心音(tonal centre)と関連付けられつつ構成されているとき、その音楽は調性(tonality)があるという。伝統的な西洋音楽において、調性のある音組織を調と呼ぶ。

狭義には、伝統的な西洋音楽において、全音階(diatonic scale)の音から構成される長調(major key)と短調(minor key)の2つの調が知られ、それぞれ全音階のドの音とラの音が中心音である(長調と短調の場合には、中心音を主音(tonic)と呼ぶ)。すなわち、長音階を用いる調が長調であり、短音階を用いる調が短調である。

バロック以降の西洋音楽にあっては、調性を確立する(聞き手に調性を確実に把握させる)ために和声(harmony)が重要な働きをする。

西洋音楽においては、必ずしも調は一定ではなく、転調(modulation)と呼ばれる手法によって、一時的に他の調に移行することがあるが、古いものにあっては調性を保持するため、必ず曲頭の調と曲尾の調が同じであるか、同じ主音を持つ長調と短調の関係にある調(同主調(parallel key、same tonic key)となる。

-wikipedia引用

調の中心音である主音は特定の調で書かれた楽曲の最初と最後の音であることが多いです

ある楽曲がホ長調の場合、ホの音が、その楽曲の主の音になります

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。